全国の動物園情報

王子動物園(神戸)でパンダを見るなら午前中がおすすめ!口コミや感想も

神戸市にある王子動物園の入園料金やアクセス方法、実際に行った感想や口コミを書いています。

パンダの食事タイムのおススメ時間なども紹介しているので、パンダの食事タイムを見に行こうと考えてる人はぜひ参考にしてくださいね。

※2020年7月2日時点 入園するのに事前申し込みが必要です。希望者が多い場合は抽選となるようです。

王子動物園へのアクセス方法と入園料・休園日

公共交通機関を利用する場合は電車、バスがあります。

電車だと阪急電車、阪神電車、JRが利用できて、最寄りの駅から大体歩いて10分程度です。

一番近いのは阪急電車で「王子公園」駅から西に歩いて3分程度なので、阪急電車がおすすめです。

バスなら神戸市バス90・92系統に乗って「王子動物園前」のバス停を下車してすぐに行けます。

車の場合は専用駐車場なく、王子公園駐車場が近い駐車場になります。
駐車料金は6時間で1200円程度なので少し高めです。

入園料は

一般・600円
中学生以下・無料
兵庫県在住の65歳以上の方と、障害者の方も無料です(障害者手帳が必要です)。

クーポン情報
コープこうべ組合員証を見せると、1枚で大人2名まで1人600円が540円になります。

開園時間と休園日は

開園時間
3月〜10月は9:00〜5:00
11月〜2月は9:00〜4:30

休園日
毎週水曜日(祝日の場合は開園)
年末年始(12月29日~1月1日)
※春休み、夏休み期間中は、臨時開園する場合があります。

王子動物園のパンダのお食事タイムを見てきました

王子動物園に行ったお目当てはパンダ!

王子動物園では動物がエサを食べているのを見ることができて、パンダも見られたので時間を調べて見てきました。

パンダのお食事タイムは10時、11時45分、13時30分、15時の1日4回です。

食事の内容は竹やリンゴ、ニンジンなどです。
朝の10時のお食事タイムを見てきたんですが、竹を上手に手でつかんで食べていてめちゃくちゃかわいかったです。

パンダのお食事タイムは午前2回、午後2回あるのでいつ行っても見られるかなという感じですが、午後に他の動物のお食事タイムが結構あるので、他の動物のお食事タイムも見たいなら、午前中のお食事タイムに行くのがいいのかなと思います。

王子動物園に行った感想

平日に行ったからか、比較的すいていました。
王子動物園は中学生以下は無料なので、土日はもしかしたら多いのかもしれません。

今回は食事はしませんでしたがレストランやテイクアウトができるお店があります。
お店はこじんまりしていたので、土日なんかは並ばないと食べられないかも。

王子動物園にはミニ遊園地もありました。
乗り物券が別に必要ですが、観覧車やメリーゴーランドにも乗れますよ。

子供連れだったら、動物を見て飽きたら遊園地で遊んで…ということができるので、飽きずに1日過ごせると思います。

王子動物園の口コミ

動物のお食事タイムを見たいなら、事前にホームページで調べていった方がいいです。
複数回ある動物もいますが、1日に1回しかない動物もいるので要注意です。
ちなみにコアラは午前11時の1回だけです。

王子動物園は六甲山のふもとにあるので園内は坂が多く、かかとがある靴で回るのは結構しんどいと思います。
できればはきなれたスニーカーなど歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

坂が多いので、ベビーカーを押しながら回るのも結構大変かもしれませんが、階段はないので、体力に自信があればベビーカーでも大丈夫です。
ベビーカーは有料で、1日300円でかりられます。

園内には座って食事ができるスペースがあるので、お弁当を持って行って食べられます。
ただ、座る場所はほとんど地面になるので、レジャーシートとか新聞紙など下に敷けるものを持っていくのがいいかも。

王子動物園(神戸)でパンダを見るなら午前中がおすすめ!口コミや感想も:まとめ

王子動物園(神戸)は電車やバスの駅から近いので、公共交通機関を利用するのがおすすめです。

パンダやコアラなどの動物の食事タイムを見学できますが、時間が決まっているので、お目当ての動物がいるなら、前もってホームページで調べていくのがいいですよ。

パンダは2020年7月で中国との契約が切れたので、近いうちに返還されます。

パンダが見たい人は早く行くことをおすすめします!